まつ毛が短い人の正しいビューラーの使い方

まつ毛を上向きにキープしたい!

まつ毛はたとえ短くても、くるっと上を向いているだけで目がぱっちり大きく見えますよね。でも、まつ毛が短くて、上手にビューラーが使えないと嘆いている人はかなり多いのではないでしょうか。

日本人のまつ毛は欧米の人のまつ毛と比べて、1㎜ほど短いと言われています。たった1㎜の差ですが、まつ毛の1㎜はかなり大きな差です。

そんな私たち日本人の短いまつげでも、上向きを1日中キープしたいと誰もが願っていますよね。

そんな、短いまつ毛でも上向きをキープしたいと悩んでいる女性に、短いまつげでも上手に使えるビューラーの正しい使い方を解説します。

短いまつげでも上向きに!上手なビューラーの使い方

ビューラーの選び方

あなたはビューラーを適当に選んでいませんか?実は、ビューラーにも様々なサイズやカーブの角度があるので、あなたの目の形やまつ毛の長さに合ったビューラーを選ぶ必要があります。

海外製のビューラーは、海外の人向けにカーブの角度が深いものが多く、日本製のビューラーは日本人の目の形に合わせて、カーブの角度が浅いものが多いようです。

まつ毛が短い人にぜひおすすめしたいビューラーが、SUQQUのビューラーです。もともとは業務用に使われてたビューラーなので、使いやすさはプロのお墨付きです。

短いまつ毛にもしっかりと食い込んでくれるゴム部分が、奥二重や一重でまぶたが厚い人のまつ毛も、しっかりと根元から掴んで上向きにカールしてくれます。

どうしてもこうしたビューラーがでは、まつ毛が短くてうまく挟めないという人は、ホットビューラーを使うというのも1つの方法です。

ホットビューラーはまつ毛を挟んで使うものではないので、まつ毛が短くてもきちんと根元からカールさせることができますし、熱を加えるので、カールの持続力が違います。

ビューラーを使う前に

ビューラーを使う前には、目の周りの油分をきれいにしておきましょう。

まつ毛にファンデーションやアイシャドウなどが付いていると、せっかく自分に合ったビューラーを使っても、きれいにまつ毛をカールさせることはできません。

コットンや綿棒などを使って、まつ毛に付いている汚れは必ず落としましょう。

汚れを落としてきれいなまつ毛になったら、コームでまつげをとかし、まつ毛の向きをきれいにそろえてから、ビューラーを使います。

キレイにまつ毛がカールできたら、そのカールをキープできるようなマスカラを使いましょう。

色のついたマスカラが嫌だという人は透明マスカラを使うと、自然な仕上がりに見せながら、カールを維持することができますよ。

関連記事一覧