まつ毛が短いのを助けるマスカラの使い方

私のまつ毛は短い!

まつ毛が短くて悩んでいる女性はいませんか。まつ毛が短いと目が小さく見えてしまいがちですよね。女性であれば、目が大きい方が相手に与える印象も強くなるので、ぜひ目は大きく見せたいと思うものです。

まつ毛が長いと、目が大きく見えます。

でもつけまつ毛をつけるとちょっと不自然だし、まつ毛エクステは定期的に通うとお金もかかるし…と考えているあなたに、毎日のメイクでできる、短いまつげを長く見せるためのマスカラの正しい使い方をお教えします。

短いまつげを長く見せるマスカラの使い方

マスカラ下地は絶対使う

あなたはマスカラを直接まつ毛に塗るだけのメイクをしていませんか。最近ではまつ毛を長く見せるために、繊維入りのマスカラもたくさん販売されていますが、それを使う前にぜひマスカラ下地を使ってみてください。

繊維の入ったマスカラ下地を使うと、その上からマスカラを塗るだけで、かなりまつ毛を長く見せることができます。

塗り方のポイントは、目をどのような形に見せたいかで変わってきます。切れ長に見せたい場合は、目じり側にたっぷりと塗りましょう。

目を丸く大きく見せたい場合は、まつ毛の真ん中に特にたっぷりと塗るといいでしょう。たっぷり塗りたい部分に最初にマスカラ下地のブラシを置いて塗りはじめると、きれいに塗ることができますよ。

マスカラの塗り方

マスカラ下地でしっかりとまつ毛に長さを出したら、ブラックやブラウンなどお好みのカラーのマスカラを上から塗ります。必ずまつ毛の根元から、塗り残した部分がないようにしっかりと塗りましょう。

目尻のまつ毛には外側に向かって斜め上に向かってブラシを動かし、真ん中のまつ毛は真上に向かって、目頭のまつ毛は内側に向かって斜め上にブラシを動かしてマスカラを塗っていきましょう。

こうすることで、まつ毛全体が扇型に見えるので、目を大きく見せることができます。

さらに長く見せたいなら…

さらにまつ毛を長く濃く見せたいと思ったら、ぜひアイライナーをうまく使いましょう。まつ毛の瞳の間には、ほんの少しだけ肌色が見える隙間があります。

この部分をインラインとしてアイライナーで埋めることで、まつ毛と瞳の間の隙間がなくなり、まつ毛がびっしり生えているような、濃いまつげに見せることができます。

また、目尻部分を目のカーブに沿って1㎝くらい長めに描いてあげると、自然と目尻のまつ毛が長いように見せることができます。

その際、跳ね上げて描いてしまうといかにも「アイラインを引いています」という感じになってしまうので、あくまでも自然に、目のカーブに沿って描くことがポイントです。

関連記事一覧