まつ毛を伸ばす方法~簡単なことから始めてみよう

まつ毛、長くしたい?

あなたのまつ毛は長いですか?自信をもって「YES」と答えられる女性は、なかなかいないのではないでしょうか。

まつ毛に気を使っている人ほど、ビューラーやマスカラ、つけまつ毛やまつ毛エクステなどで、自まつげに負担がかかっていて、自まつげが短くて悩んでいるのではないでしょうか。

多くの女性が、もっとまつ毛の長く伸ばしたい!と願っているでしょう。

まつ毛を伸ばしたいと思ったら、まず始めるべきことをまとめてみます。自まつげが短くて悩んでいる人は、簡単ですからぜひ試してみてくださいね。

簡単なまつ毛の伸ばし方

まぶたのマッサージをして血行を良くする

目もとの血行を良くしてあげることで、まつ毛にも必要な栄養がきちんと行き渡るので、新しい健康なまつ毛が生えやすくなったり、今生えているまつ毛が太く丈夫になったりします。

簡単ですから、ぜひ今日から始めてみてくださいね。

① レンジで温めた濡れタオルで、まぶたを温めます。あまり熱いとデリケートな目元の皮膚がダメージを受けてしまうので、気持ちがいいと感じるくらいの温度にしましょう。

温めてあげるだけでも、目元の血行が良くなります。まぶたのむくみ解消にも効果的です。

② 目元を温めたら、眉の下のマッサージから始めましょう。眉の下を、内側から外側に向かって、眉の下の骨に沿って、親指で軽く押していきます。

③ 次は目の下のマッサージをします。目の下を、内側から外側に向かって少しずつ指をずらしながら、軽く押していきます。

目の下の皮膚は非常に薄くデリケートなので、絶対にこすらないように気をつけながら、優しく押していきましょう。

④ 最後にこめかみ周辺のマッサージをします。人差し指と中指を使って、こめかみから鎖骨へ向かって、リンパ液を流すようにマッサージしましょう。目の周りのむくみ解消にも効果的なマッサージです。

まつ毛を伸ばすための栄養素を摂取する

まつ毛も髪の毛や体の毛と同じく体毛の1つなので、育毛効果のあるような栄養素を摂取すると、まつ毛も伸びやすくなります。以下のような栄養素がまつ毛を伸ばすのに効果的です。

ビオチン

ビオチンは、アミノ酸や脂質の分解・代謝をサポートする水溶性の成分です。ビオチンが不足すると、体毛の主成分であるたんぱく質をアミノ酸からうまく作れなくなるので、体毛の生成に影響を及ぼします。

牛レバーや魚介類、大豆、ほうれん草などに多く含まれています。

亜鉛

ミネラル成分として、体毛の細胞にも存在している亜鉛は、体毛の主成分であるタンパク質の合成をサポートしたり、体毛の生え変わりを促進したりします。

生牡蠣やカニ、豚レバー、牛乳、納豆などに多く含まれていますが、ミネラルの中でも不足しがちな成分なので、特に意識的に摂取したい栄養素です。

L-シスチン

L-シスチンに含まれているイオウは、体毛の主成分であるタンパク質を生成するのに欠かせない成分で、体毛を健やかに保つのに必須の成分です。牛肉や牛乳、鮭などに多く含まれています。

関連記事一覧