まつ毛を伸ばす方法にニベアってあり?!なし?!

ニベアでまつげが伸びる?

「マツ育」という言葉が流行りになるくらい、まつ毛を育てることって少し前からブームですよね。

まつ毛エクステが流行りはじめたころから、急激にまつ毛を育てることに注目が集まりました。

まつ毛エクステは、まつ毛にエクステを付けるので、まつ毛の長さをすっと長くすることができるのに、つけまつ毛よりも自然に見えるということで人気ですが、自分のまつ毛に大きな負担をかけるので、

自まつげが急激に細くなってしまったり短くなったりして、弱くなってしまうんですね。そこからマツ育ブームが始まったように思います。

皆さんは、マツ育していますか?どんな方法でまつげを育てているのでしょうか?実はSNSで、ニベアでマツ育するという方法が話題になっています。

いったいどんな方法なのでしょうか。効果はあるのでしょうか?詳しく解説します。

ニベアでマツ育

方法

洗顔後の清潔なまつ毛に、ニベアを塗るというごくシンプルな方法です。顔にスキンケアとして塗るついでにまつ毛にも塗るという人も多いようですね。

なんでニベアでまつげが伸びるの?

まつ毛には毛周期があります。早い人で30日程度、遅い人で100日程度でまつ毛は生え変わります。

毛周期は成長期→退行期→休止期というサイクルで巡っているのですが、この成長期にまつ毛にニベアを塗ることで、ニベアの油分でまつ毛が守られ、汚れなどを避けることができたためにまつ毛が伸びるのです。

また、ニベアには油分がタップる含まれているので、ダメージを受けた部分が油分で補修され、髪の毛のトリートメントのような効果をもたらすことも効果として挙げられるでしょう。

ニベアをまつ毛に塗って大丈夫?

そんなに効果があるなら!と今すぐ飛びつこうとした人はちょっと待ってください。ニベアはスキンケアクリーム、つまり肌に塗るためのものです。そんなにベアをまつ毛に塗っても大丈夫なのでしょうか。

ニベアをまつ毛に塗ろうとして目に入ってしまうと、炎症を起こす恐れがあります。まつ毛の際にあるマイボーム腺がニベアの油分で詰まって、炎症を起こしたり眼病を引き起こすことがあるのです。

マイボーム腺が詰まってしまうとドライアイになりやすく、まつ毛ダニが発生する可能性も高くなります。

目に入らないように気を付けて塗ればいいんでしょ?と思った人もいるかもしれませんが、ニベアは汗をかくと、メイクと同じように汗と混ざって崩れます。まつ毛に付いたニベアが汗と混ざって目に入ってしまうことがあるのです。

こうした危険性を考えると、ニベアをまつ毛に塗ることは効果よりも危険の方が高いと言えるでしょう。そんな危険を冒すよりも、まつ毛専用の美容液を使う方が、安全にまつ毛を伸ばすことができますよ。

関連記事一覧